スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
文具王手帳のその後②
前回の続きを。
手帳を開いた左側のレビューを行う。
特徴を説明するのに一番手っ取り早いのが、「財布」だろう。上の部分に小銭を入れることができ、その下のポケットは紙幣を入れることができる。ドリンクやちょっとしたものを購入するときに便利だ。
20120103173520.jpg

財布としての利用を考えないなら小銭入れの部分にイヤホンやリップクリームなど入れても面白い。
20120103173618.jpg

ここで使ってみて気になったことが1つあった。ある程度のリフィルを入れ使い続けると手帳が厚くなってくる。
すると小銭入れの部分に隙間が出来てしまう。
これはA4用紙とバイブルサイズの用紙を共存させた結果であり、空いた隙間を埋めるために小銭入れが設置してあるが小銭入れも何十枚も入れられるものでもないので隙間を埋めることができず、結果、持ち歩いていると隙間の部分だけ手帳が陥没してしまうのだ。

これを防ぐために、筆者は財布入れの上にベルクロを貼り付け、時計付きの薄型カロリーカウンターを取り付けた。これで隙間を埋めることができ、普段仕事柄腕時計をしない分、手帳に時計の機能を取り付けてみた。

隙間を埋めた分、まとまりが出来て良い印象。時計は絶対必要というほどではないが、あると便利かなという程度だ。せっかくなので仕事中は手帳をほとんど開きっぱなしなのでカロリーカウンターを取り外して胸のポケットに入れて使っている。


 まとめに入るが、文具王手帳のコンセプトは初回に述べたが、万人向けに作られた手帳ではない。かなり個人的嗜好が盛り込まれていて取っ付きが悪いとまったく受け入れられない。その例で代表的なものがベルクロだ。表面一面に貼られたベルクロを隠すための「ベルクロキャンセラー」までもが発売されている。これでは文具王手帳を持つ意味はない。A4書類をそのまま入れられる特徴だけを考えたら超整理手帳で十分だ。しかし高畑氏のすごさは手帳を手帳だけに止めない点にある。手帳意外に、メモ帳、財布、A4ファイル、ガジェットホルダーなど複数の機能を持たせている。氏はステーショナリー以外にも衣類、バッグなど身の回りの物1つ1つに必ず複数の利用価値を見出しており、そのどれもがマネをしたくなる。その意味ではこの文具王手帳は氏が取材に使う一番のパートナーであるため、その思いが強く盛り込まれている。
 3回にわたってレビューしたがまだまだ入口の部分しか述べれていない。使い込んだ結果、それぞれのオーナーが異なった感想をもつことと思う。好き嫌いも別れると思う。現にこの手帳は、半年間使ってみて馴染めなかったオーナーから中古で購入したのだ。前オーナーは何らかの理由で高畑氏の嗜好と合わなかったのだ。
ほぼ日手帳や一般のシステム手帳のように、カスタマイズが前提に作られた手帳ではなく、文具王が「欲しいと思った機能」を盛り込んで作成された超個性的な手帳に、我々はどの程度理解し、使いこなせるか。本当のレビューは1年使い込んだあとできるのかもしれない。
スポンサーサイト
[2012/01/03 21:48] | ステーショナリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
文具王手帳のその後
 9月に入手した文具王手帳。入手ししたのはいいが肝心のリフィルが下半期の切り替で入手することができなかった。仕方なく12月からのものが手に入ったのでそれまでは無地のリフィルを取り付けてメモ帳として使うこととした。「手帳」としてレビューが書けるのは12月からなのでそれまでに感じたことをハード面中心でレビューする。
 手にした感じは手帳というよりはハンドバッグ、もしくはかなり大きい財布だ。専用アクセサリにショルダーストラップがあるのも妙に納得してしまう。

 それほど存在感があるし、大きく、そして嵩張る。これは超整理手帳のカンガルーホルダを搭載したためであり、これ以下のサイズにしようとするとカンガルーホルダは諦めなくてはならない。

A4用紙は社会的にも標準規格の書類として用いられるサイズであるため、仕事でも一番運用する。これをそのまま手帳に保管できるメリットは個人的に極めて大きい。実際2枚のA4書類をカンガルーホルダに挟んで使ってみたが想像以上に便利だった。私は勤務表と役割分担表を挟んでいるが非常に使い勝手が良い。    
 カンガルーホルダの主な使い方としては、出し入れが頻繁で書き込みの多い書類よりは参照に使う書類が適していると感じた。4つおりの最初のページはカンガルーホルダーに挟まれているため文章を書くとしたらホルダーから引き抜かなければならないからだ。
観覧なら書類の隅をつまんで引き出せば書類の内容をすべて確認できる。間近に予定されている勉強会や会議の日程、地図など挟むのもいいだろう。もちろん超整理手帳をそのまま流用してもいい。
 このカンガルーホルダは個人的にかなりツボに入ったので空いたスペースにもう1セット追加しようと考えた。
 しかしネットでカンガルーホルダを注文しようとしたがどういうわけか単体での販売を中止しているようで手に入れるには超整理手帳一式を購入しなければならなかった。ぽっとオークションにホルダのみが出ることもあるがたまたま欲しいときに出ていなかった。
 オリジナルの超整理手帳にはジラフノートというホルダに挟み込んでつかうメモ帳がセットになっている。ついでなのでジラフノートもこの文具王手帳に挟んで使用してみることにした。



 結果から言うと2週間程度でジラフノートは断念した。たぶん慣れの問題が大きい。
手帳は、常に取り出しやすく、すっと書き込める状態で有りたい。要するに直感的に使用できることがアナログ手帳の強みであると考える。 ジラフノートは縦開きのメモ帳である。ノートではなくメモ帳にしたところは共感できるが、縦のサイズが如何せん長すぎる。いざ書こうとしたときに広げるのがうっとうしく書くときに表紙がべろべろして気になる。

それなら横開きの大学ノート型にするか、縦の長さを半分にして2冊上下に設置できるようにした方が目的別に使用できるので使い勝手が向上する。そんなコンセプトで作成された手帳もどこかで見かけたような気もするが・・・

かくしてジラフノートは職場のメモ帳としてつかうこととし、超整理手帳に付属していたカンガルーホルダを文具王手帳はに追加することで合計2枚設置することができた。これでA4用紙4枚を挟むことができるようになったわけだ。
多少の厚みは承知の上。厚くなっても勝手に手帳が開かないようにゴムで固定する仕様になっている。ゴムは切れたら交換できるらしいが、手帳を見る限りではいまいち交換の仕方はわからなかった。


カードや名刺入れは、手帳右側に2ヶ所ポケットが設置してあるが、私は雑誌についていた付箋紙のセットを入れている。カンガルーホルダの背部にもカードポケットが2枚入るよう気が利く仕掛けがしてあるのだがA4用紙を挟んだ上にカードを挟むと厚くなるし他のレビューで目にしたのがカンガルーホルダはビニール製なので外気温によっては亀裂が生じたり傷みやすいらしい。よってカード入れを使用するつもりは今のところ無い。
 重ねて文具王手帳にペンホルダーは付いていない。正確に言うとカンガルーホルダにしかペンホルダーがついていないのだ。穴は直径10~12mm程度の市販のリフィルによくあるサイズだ。
 普段から愛用しているゼブラのクリップオンマルチは当然だがペンホルダーには太すぎて収まらない。

結果、クリップをペンホルダーにひっかけて外れないように手帳といっしょにゴムで閉じることにしたが、すぐにペンホルダーに亀裂が生じてしまった。結局リフィルで直径16mmまで固定できるペンホルダーを見つけたのでこれを取り付けた。ペンの収納性は申し分ないが、このホルダーは下敷きとしてもすばらしく使い心地が良い。1200円と高いが丈夫でしっかりしており皮製であることで手帳との相性もいい。その効果は金額の価値は十分にあると感じた。


 左側の説明、手帳表面のが全く出来なかったがこれらは次回のレビューで上げることにする。それだけこの手帳は奥が深いということか。
[2011/11/24 00:39] | ステーショナリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
文具王手帳落札!?
h2_notebook.jpg

たった今オークションにて かの文具王の手帳を落札!
なんとベルクロキャンセラーとセットで15000円!


h3_notebook_2.jpg

 半年程度使用したとのことだが写真では綺麗に写っていた。ここは安く済んだので良かったと喜ぶべきだろうが商品が届くまでは正直不安・・・
 本来個人的にはガジェット類の中古は好まないが(世間一般も同じか?)この場合は妥協することにした。
なぜなら手帳をまともに使いこなせたためしがないからだ。大金を使ってろくに続かないのでは後になって(特に年末辺りに)経済的な余裕がなくなり、その分得たものが無いのでは虚しすぎる。
 手帳や日記が続かないのは性格的な理由で飽きっぽく、何らかの理由で2,3日ページが空いてしまうと熱意冷めてしまう。要するに熱しやすく冷めやすいのだ。
 こんな性格に手帳などまさに無用の長物なのだが困ったことに新しい手帳で日記やスケジュール管理することについてはむしろ好きなのだ。

ただ自分に合った手帳や方法が見つかってなかったと考えるようにしている。

 ネットや著書で手帳術などを提唱する人も毎年自分に合った手帳を探しているという記事をちらほら見かける。
今回落札した文具王手帳の考案者の高畑正幸氏も自分に合う手帳が見つからずに自ら作製に至ったそうだ。
 
 筆者も年をとり年々忘れっぽくなったのをきっかけに再び手帳管理をはじめようと思った次第だ。

ただ、手帳を健忘録だけに使うなら100円ノートやメモ帳に書きなぐるだけでいい。わざわざ1万円以上のシステム手帳を使う意味もないと自分でも思う。

 この文具王手帳にmind mapやデジタル機器の連携を日常的に応用していこうと計画中だ。 


文具王手帳



おそらく、このサイトの利用者で手帳にこだわっている方ならすでにやっていることかもしれないが・・・
[2011/09/19 22:44] | ステーショナリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。