スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
はるさ麺?
埼玉県さいたま市大宮Loftの脇道、飲食店が犇めきあって立ち並らぶが、ラーメン屋もいくつかある。
そのなかでもひときわ興味を引いたラーメンがあった。来来軒 その名も「はるさめラーメン」
低カロリーが売り文句になっているというが果たして??と職業柄気になり入店
メニューも見ずに注文。「はるさめラーメン一つ」
テーブルに張り付けられたメニュー。セットがお得。

注文後に初めてメニューを見返す。はるさめラーメンのカロリー表記が見つかられなかった。
店内は昼食時間をすぎていたので客の入はほとんどなかった。しかし5分もたたずに届いた。
20110923121320.jpg

こちらがはるさめラーメン。見た目はとんこつラーメンそのもの。
味玉もしっかり中は半熟でチャーシューもやわらかく口のなかで簡単にほぐれる。 そして問題の麺はというと

20110923121537.jpg

このとおり透けております。はるさめだから当たり前か。
麺の細さは博多麺に似てなくもないが、ツルツルしており食感は本来の中華麺よりはコシは無い。

200gくらい入っていたかもしれないが物足りなさはあった。スープは普通のとんこつだった。特に濃厚というほどではなかった。
ちなみ緑豆はるさめで50g程度茹でると200g程度に増える。はるさめラーメンに入っていた麺が200gだったとすると

155Kcalとなる。

一方通常の中華麺はおなじ200gだと

330Kcalほど。

約半分のカロリーになると考えればヘルシーだ。

しかし満足度となると不満はある。周りを取り囲む具材やスープが本格的なので麺だけがグレードがガクンと落ちているためそのへんのアンバランスは否めない。よほど納得して食べないと、サイドメニューを付け足したりはるさめの量を増やしてしまい、結果、全体の摂取カロリーが通常よりもオーバーしかねない。

それにしてもラーメン屋でヘルシーをうたうのはかなり意欲的だと思う。このご時世、カロリーを気にしながら食べる人は多いはずだ。
もう一歩ヘルシーラーメンの完成度を高めるならスープもオイルを極力控えたものが考えられるともっと完成度が高まるのではないだろうか。
料理の和、洋、中では、中華が特に油を使う。やはり摂取バランスも考えなければならない。
スポンサーサイト
[2011/09/23 22:36] | フード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。